高速道路で現金のやりとりが必要なく、料金の割引も受けられる便利なETCカードですが、知っていると便利なことがいくつかあります。その中でも特に重要なのが1つの車載器にはETCカードが複数使えることです。クレジットカードと提携しているので、車両ごとにETCが決められており、1枚のETCしか使えないと考える方も少なくないようです。しかし実際にはETCと機械には縛りがなく、何枚でも利用できます。ただ、高速道路に入る際に使ったETCで高速道路を出なくてはならないということです。SUICAなどの電車で使える電子マネーとおなじ感覚です。そのため、例えば友人と旅行をしていて、行きの高速と帰りの高速で違うETC、違う名義であっても問題ありません。また、車載部も本来は車と紐付けられていないので自由になりそうなものですが、実際にはETCの電波を受信できるかのチェックを一台づつ行っているので車ごとにつけることになります。ETCはクレジット会社から配布されることが多いですが、会社を変えた際にETCが変わっても全く問題ありません。ただし、高速に入る際に使ったETCと同じETCででなくてはならないので注意が必要です。

最近の投稿