» 2016 » 3月のブログ記事

地域的なことや道路上の問題、環境問題など様々な観点から運行規制が行われることがあります。有名なものでは自動車排出ガス規制などがあり、一部のディーゼル車など排気ガスに対して設定を行った基準をオーバーして有害物質を出してしまう車両に関しては、都市によって運行規制が行われている場合や、車種によって規制が施されているものがあります。単体規制や車種規制などが有名で、各自治体によって規制内容が変わる部分があります。基本的には新車購入を行う際に規制が既に行われていることになり、該当車両以外では問題なく走行させることができます。一方で大型車に関連する運行規制を設けている場所も存在しています。この内容では他の規制とは少し異なる部分があり、一般的には道路標識によって予め設定されています。この規制では主に騒音や振動などの問題が発生するような場所や、人通りと道路の幅、若しくは道路上に存在している構造物の高さなどによっても制限されている場所があります。目的に関しては道路周辺の方に被害が及ばないことや、安全に道路を走行させることができるように配慮されていることになり、自動車自体には問題は生じておらず、周囲の環境によって決められている内容です。

自動車に関しては年代と共に新しい規制などが施行されることが多く、道路交通法でも随時時代に適合するように改正されることが度々あります。そんな中、車種規制という言葉があり、この内容の詳細は特定の都道府県で走行させる一部の車種について地域規制を設定していることがあります。自動車は排気ガスが問題視されることが多く、現在ではクリーンディーゼルなど新しい規格の自動車が販売されているように、排気ガスの規制は地球環境にとっても重要な内容を持っています。車種規制の場合では、トラックやバス、一般車両のディーゼル車などを対象としていることが前提になり、排出される窒素酸化物や微粒子などの数値によって設定されています。明確な表も発表されているのですが、その中には車両の重量やナンバープレートでの分類など、細かく指定されているので、規制対象に定められている地域を走行させるためには、規制をクリアしていることが条件になります。新車として販売されている比較的新しい車種の場合では、その多くが既に基準値をクリアしていることになり、問題は生じないことが前提ですが、古い年式の自動車の場合では適切な整備工場などを利用して、数値の測定を行う方法で判断することができます。赤ちゃん18

自動車関連では、常に規制対象となる項目が決められることになり、時代に合わせた環境整備なども行われています。自動車と環境の関係の中には排気ガス関連を挙げることができ、これまで何度か規制基準が変更されてきた背景があります。排気ガスに関しては有毒物質を含んでいることでも知られており、地球の二酸化炭素問題や地球温暖化対策の対象として挙げられることがあります。その中には単体規制と呼ばれているものがあり、この内容では個々の自動車に対して、予め制定されている排気ガス基準に適合している自動車しか輸入や販売を行うことができない内容です。一般的には新車購入時を想定して、新しい状態の自動車に単体規制が課せられていることになり、古くなってしまい、そのまま乗り続けている自動車に対しては基本的には対象外になります。このことから緩やかな単体規制とも呼ばれることになり、古い車を乗り続けている方に対して、規制対象として即刻廃車にするようなことを求めていることではありません。自動車の場合ではその性質からして、一定期間が経過すると自然に古い車両は減っていくことになり、買い換えを行う必要が出てくる乗り物になることから、緩やかな規制であっても対応できることになります。

自動車は地球環境に与える影響が大きく、特に近年では世界的に自動車の台数が増えていることもあり、国内でも対策が施されている場面も見ることができます。環境問題を例にするならば、自動車の場合では排気ガスの問題を挙げることができます。排気ガスに関しては明確に規制されている内容がありますが、その中には規制手法の違いが生じている項目があります。一つ目は単体規制と呼ばれるものがあり、新車として各メーカーが発表する際に該当する内容です。各メーカーは排ガス規制に適合している自動車を提供することが義務化されており、既に中古車として乗り続けている車種に関しては該当外になります。もう一つは車種規制と呼ばれるものがあります。これは特定の車種に限定を行って規制を設けている内容になり、その多くが公害被害などの多い大都市などで適用されていることになります。例えば該当車両を乗っている方が、該当するエリアに引っ越しなどを行うような場面では、規制対象に触れてしまう可能性があるので注意が必要です。尚、一般的に課せられている排気ガス規制に関しては、車検の際に検査が行われていることになるので、不適合とされた自動車は公道を走行していないことが原則です。赤ちゃん16

硫黄酸化物とは燃料中の硫黄分がシリンダーの中で酸化して、排気系から放出されたものです。二酸化硫黄や三酸化硫黄などがあります。大気汚染の原因となっているのは、二酸化硫黄で刺激性が強く1~10ppmでもニオイを感じます。三酸化硫黄は水に溶けると硫黄となって、酸性雨を降らして土壌を酸性に変えるので木々が育たなくなったり農作物に影響が出ます。硫黄酸化物は人体に対しては気管支炎や喘息を引き起こします。硫黄酸化物は燃料に硫黄分が含まれる以上避けることが不可能です。自動車からは燃料中の硫黄分に比例して発生しています。よって硫黄分の法規制が敷かれています。燃料中に硫黄分があると、触媒装置を劣化させる恐れがあります。ディーゼル車の排出ガスを削減するためにも、燃料から硫黄分をできるだけ除く対策が望まれています。ディーゼルエンジンは1世紀以上前に発明されてから現在も主流のままです。これはトラックやバスといった大型車でも、十分な加速力があるためです。しかし多くの空気が高温にさらされるため、硫黄酸化物がたくさん出ます。そこで、加速力を維持したまま、有害な硫黄酸化物を後処理で無害なものに変える装置が開発されています。赤ちゃん17

窒素酸化物、いわゆるNOxは大気汚染物質として広く知られています。硫黄酸化物であるSoxと共に汚染物質の代表であり、自動車とは近縁な関係にあります。この内、窒素酸化物は燃料を高温で燃やすことによって燃料中や空気中の窒素が酸素と結び付いて発生します。自動車の他にも家庭や工場でも発生しますが、自動車が取り組むべき問題として以前から規制の対象になってきています。
特に都市部の様に自動車が多く密集している地域では窒素酸化物による影響で大気汚染が問題になったことが数多くあり、現在でも排ガス規制の強化によって排出量を減らす努力が続けられています。この様な窒素酸化物はのどや気管、肺などの呼吸器に悪影響を及ぼすことが分かっており、環境をよくして行くためには自動車の環境性能を高める必要があります。
日本におけるハイブリッドカーや電気自動車、燃料電池車はその様な点でもすぐれた乗り物であり、環境に優しい次世代の自動車の形として期待されています。ハイブリッドカーの場合は大気汚染物質の排出量を極限まで抑えることが出来ますし、電気自動車や燃料電池車の場合には全くの0にすることが可能です。これが最新の自動車の技術であるということが出来ます。

自動車の走行とともに排出されるガスには、人体に害のあるものも含まれています。粒子状物質もその一つです。最近になって新聞やテレビなどのメディアで頻繁に取り上げられるようになった、PM2.5も粒子状物質に該当します。
粒子状物質は自然界にも存在するもので、自動車の走行だけが発生源ではありません。土壌が風で巻きあげられたり、海水の飛沫が飛び散る際にもこれらの物質が大気中にまき散らされています。しかしだからといって人体に害がないわけではありません。粒子状物質は気道や肺など人体の呼吸器系の部位に沈着し、ひどい場合は喘息などの疾患を引き起こすので、健康に深刻な影響を与えてしまいます。ですから国を挙げてこの物質の適正な管理に努めなければいけないのです。
粒子状物質に対する国の取り組みとしては、大都市を中心に排出量の少ない車を使用するよう規制する措置を施しています。ただナノ粒子と呼ばれるきわめて微量な粒子に対する対策はそれほど進んでおらず、その影響についてもよく解明されていない部分が多いのが現状です。諸外国に比べて大気汚染対策の進んだ日本ですが、微粒子の人体への影響は未解明の部分も少なからずありますので、マスクの着用など自衛の措置も大切です。赤ちゃん17

火災の死因の中でも多いとされているのが一酸化炭素中毒です。そして、毎年冬の訪れとともにその注意が呼びかけられます。なぜなら特別な猛毒でありながら、味も匂いもなく無刺激で、言わば空気と変わらないためです。そのため部屋に充満していてもまるで気付かずに死亡に至るケースがあります。一酸化炭素中毒は人体の中にある酸素を運ぶ役割を果たす「ヘモグロビン」が一酸化炭素と強く結合してしまうため、体内に必要な酸素を運ぶことができなくなるのが原因で人体に悪影響を及ぼします。例えば、軽度の中毒では風邪のような倦怠感、火照りが生まれ重症になると痙攣や窒息など、死にいたることがあります。火災の場合一酸化炭素を大量に吸い込むことで動けずに逃げ遅れるということも起こりえます。それにもっと身近で気をつけなければいけないのはタバコの煙や車の排気ガスがそれに当たります。煙草も濃度が車に匹敵するもののすぐに死にいたるわけではありませんが着実に人体に影響を与えます。次に、冬に注意が必要な場面は車のアイドリングです。とくに油断してしまうのがアイドリングです。アイドリングを行った状態で、排気ガス口が詰まってしまうと一酸化炭素が逆流し車内に充満して危険な状態になります。そうならないためにも換気をするなど日ごろからの注意が冬こそ必要になります。赤ちゃん15

多くの人に利用されている自動車はガソリンや軽油を燃料として走行していますが、それらを燃焼すると必ず排出ガスを出します。その排出ガスに含まれる大気汚染物質にはNOxである窒素酸化物とPMと呼ばれる粒子物質、炭化水素が含まれています。

窒素酸化物や粒子物質、炭化水素は光化学スモッグと言われ、太陽の光に含まれる紫外線に反応して、人体へも直接的な刺激をもたらします。知らず知らずに吸い込んだりすれば痰や咳が出たり、目が痛くなったり、皮膚がヒリヒリしたりするなどの症状が起きます。

また排出ガスは濃度が増せば増すほど、当然、健康被害などの影響も増していきます。病気としては、肺がんや呼吸器系疾患、喘息、アレルギーなどの症状を引き起こす可能性があります。

しかも住んでいる環境面においても酸性雨を降らせることにつながり、人体だけでなく植物やペット、建物などにも被害が及ぶこともあります。一般的な工場でも排出されますが、自動車の台数は増えている傾向もあるため、一番の大気汚染の原因は自動車となります。

最近は排出ガスは、人体などに影響を及ぼす可能性があることで、それを出さないエコカーが普及しています。エコカーの場合、以前の自動車と比べ物にならないくらい排出ガスの量を抑制しているタイプが多く普及しつつあります。

 

 

 

自動車排出ガス規制とは、エンジンを始動することにより発生する一酸化炭素、窒素酸化物、炭化水素類、黒煙類などに含まれる大気汚染物質の上限量を定めた規制のことを指します。

日本の自動車排出ガス規制は、排気ガス濃度が許された値を上回った新規登録の車を排除する「単体規制」。
上記の条件を中古車や使用過程車にも適用される「車種規制」。
そして、ディーゼルエンジン搭載車両の規制や排ガス性能が劣る車両の流入阻止といった運用面での制限を加える「運行規制」。
この3つの規制により、車両による排出ガスを低減させる仕組みができています。
規制をクリアするためにはエンジンの燃焼効率などを改良する必要があり、これまでに電子制御燃料噴射装置や、エンジンコントロールユニットといった技術が開発されました。そのため現在の車両は社内で不正を行っていない限りにおいては規制をクリアしたエコロジーな車両が一般的に使われていることとなります。

これからの自動車排出ガス低減についても議論が交わされており、ディーゼルエンジン車に対するさらなる対処と、新たに二輪車における排出ガス低減装置の機能不良を監視する車載式故障診断システムの装備の義務付けなどが挙がっています。赤ちゃん14

最近の投稿