道路というのは、歩行者や車両が通行するためにつくられたものですので、そのような本来の目的において使用する限りにおいては、道路使用許可は必要ないものであり、逆にいえば、それ以外の目的で交通の妨害になるような行為をすることは禁止されています。しかし、なかには本来の目的以外であっても、たとえば、道路工事、電柱の架設などの作業、祭礼での神輿の巡行、イベントにおける出店の開設、道路上へのアーチなどの工作物の設置といった、公益上あるいは社会慣習上、道路を使用することがやむを得ないとみられる場合もあります。このような場合について、その場所を管轄する警察署長が特に禁止を解除するのが、道路使用許可とよばれるものであり、工事をしようとする人などが、あらかじめ申請をすることになります。高速道路で道路使用許可を取りたい場合には、申請先は警察署長ではなく、高速道路交通警察隊長になります。なお、道路使用許可とあわせて、道路管理者に対しての道路占用許可という、別の許可を申請しなければならないこともあります。この場合は、警察署長と道路管理者に別々に申請書を提出してもかまいませんが、一括して申請をすることも可能となっています。

最近の投稿