排水性舗装というのは、その名の通り、排水を目的としてつくられたアスファルト舗装の一種ということができます。通常のアスファルト舗装では、水をはじいてしまうという性質があるため、雨が降ると道路に水がたまってしまって、歩行者にとっても自動車にとっても通行がしにくいというデメリットがみられます。また、アスファルト舗装は音をそのまま跳ね返してしまうため、交通騒音についてもひじょうに大きく、沿道の民家などがかなりめいわくするということもありました。排水性舗装は、こうしたデメリットを克服するために生まれた、特別な舗装であるということができます。排水性舗装は、表面のアスファルトをよくみると、ふつうのアスファルト舗装よりも、すき間がかなりあることがわかります。このすき間があることによって、雨が降った場合でも、その水がすき間から道路の下のほうに流れてゆき、道路の表面にはたまらずに済むのです。流れ落ちた水については、道路の下のほうの層にあたる路盤の手前で、側溝などの排水処理施設に排出されることになります。また、道路の騒音についても、このすき間が吸収するというはたらきがあるため、ふつうの舗装よりも静かな環境が実現できます。

最近の投稿