多くの人に利用されている自動車はガソリンや軽油を燃料として走行していますが、それらを燃焼すると必ず排出ガスを出します。その排出ガスに含まれる大気汚染物質にはNOxである窒素酸化物とPMと呼ばれる粒子物質、炭化水素が含まれています。

窒素酸化物や粒子物質、炭化水素は光化学スモッグと言われ、太陽の光に含まれる紫外線に反応して、人体へも直接的な刺激をもたらします。知らず知らずに吸い込んだりすれば痰や咳が出たり、目が痛くなったり、皮膚がヒリヒリしたりするなどの症状が起きます。

また排出ガスは濃度が増せば増すほど、当然、健康被害などの影響も増していきます。病気としては、肺がんや呼吸器系疾患、喘息、アレルギーなどの症状を引き起こす可能性があります。

しかも住んでいる環境面においても酸性雨を降らせることにつながり、人体だけでなく植物やペット、建物などにも被害が及ぶこともあります。一般的な工場でも排出されますが、自動車の台数は増えている傾向もあるため、一番の大気汚染の原因は自動車となります。

最近は排出ガスは、人体などに影響を及ぼす可能性があることで、それを出さないエコカーが普及しています。エコカーの場合、以前の自動車と比べ物にならないくらい排出ガスの量を抑制しているタイプが多く普及しつつあります。

 

 

 

最近の投稿