テクスチャー13事業用トラックとして一般的に活用されているディーゼル自動車ですが、その排気ガスは大気汚染の深刻な原因となっています。特に過積載して運転しようとすると、パワーを得る為にエンジンを高速回転させる事になり、排気ガスも多く排出するものです。このため過積載を目的とする不正改造は、安全や道路への影響だけでなく環境を破壊する行為として厳しく取り締まられています。

過積載を目的に不法改造を行うと、国土交通省から厳しい措置を受けることになります。例えば、改造を行った業者は改善指導を受けなければいけません。このため、様々な形で国土交通省の指示通りに改善措置を行う必要があります。また、省から警告書を受けなければいけません。これにより改善措置がしっかりと行われているかを監視されることになり、その内容と報告を確実に行うよう指導されることになります。その他、道路運送車両法違反で告発されるため、6ケ月以内の懲役か30万円以下の罰金を支払うことになります。

過積載を目的に改造を行う事は、単に違法というだけでなく、安全上のリスクを高める行為でもあります。また、車両へのダメージも大きいため寿命が縮まり、結果的に不利益へと繋がる行為です。安全で経済的な車両運用を行う為に、過積載やそれを目的とした改造は行わないようにしましょう。

最近の投稿