普段道を走っている車は、法的な基準に基づいた整備が行われています。この整備については、定期的な車検にてチェックされていますので、基本的に公道を走っている車が不正な整備がなされていることはありません。このような不正改造をきんししているのが、道路運送車両法第99条に記載されている内容であります。

不正改造というのはどのようなことであるのかと言えば、車であれば危険な改造を施しているものだると言えるでしょう。そしてこの法律は軽車両にも適応されますので、自転車のような乗り物であったとしても不正な改造を行ってはいけないとされているのです。一時期問題にもなったブレーキが無い自転車についても、実は不正改造の禁止によって取り締まられているものでありました。

このような禁止事項を設けていることによって、公道を走っている車はドライバーそして市民共に安全に走行ができるようになっています。ですから、車を所有している人は必ずこの法律を守らなければならないということです。それゆえに、この法律にはドライバーであれば必ず不要な改造を行わないようにして、安全な車の整備を維持し続け、市民生活に支障をきたさないような車の保持を行う必要があると明記されているのであります。

最近の投稿