自動車は地球環境に与える影響が大きく、特に近年では世界的に自動車の台数が増えていることもあり、国内でも対策が施されている場面も見ることができます。環境問題を例にするならば、自動車の場合では排気ガスの問題を挙げることができます。排気ガスに関しては明確に規制されている内容がありますが、その中には規制手法の違いが生じている項目があります。一つ目は単体規制と呼ばれるものがあり、新車として各メーカーが発表する際に該当する内容です。各メーカーは排ガス規制に適合している自動車を提供することが義務化されており、既に中古車として乗り続けている車種に関しては該当外になります。もう一つは車種規制と呼ばれるものがあります。これは特定の車種に限定を行って規制を設けている内容になり、その多くが公害被害などの多い大都市などで適用されていることになります。例えば該当車両を乗っている方が、該当するエリアに引っ越しなどを行うような場面では、規制対象に触れてしまう可能性があるので注意が必要です。尚、一般的に課せられている排気ガス規制に関しては、車検の際に検査が行われていることになるので、不適合とされた自動車は公道を走行していないことが原則です。赤ちゃん16

最近の投稿