インテーク(空気の取り入れ口)の入り口で発生する空気の流れによるエネルギーを静かな圧力に換える外気導入経路の事をラムエアインテークと呼びます。
モータースポーツに参加する車両に現在では最も利用されており、特に、多くの場所で過給機装着が禁止されている場合があるので、大口径のラムインテークを装着し、最高速度の域で効率的に過給効果と外気導入を促す為の空力設計となっています。
しかし、航空機のように高速で運動する物であれば高く効果を発揮できますが、速度域が高いといえない市販車では、過給効果の上昇自体が余り期待出来ません。
過給機のついた内燃機関の過給圧解放パーツの一つにブローオフバルブが有りますが、これはターボチャージャーにより発生するバックタービンの防止によりアクセルの反応の向上、また、タービンブレードの保護を目的に装着されるパーツです。これは、高速走行が可能である高性能スポーツカーによく採用されていいます。
日本では排出ガス規制があり、大気に解放が出来ないので、エアクリーナーとコンプレッサーの間で還流させるようになっているので、近年ではサクションリターンシステムと呼ばれることも多くなってきています。

 

 

最近の投稿