地域的なことや道路上の問題、環境問題など様々な観点から運行規制が行われることがあります。有名なものでは自動車排出ガス規制などがあり、一部のディーゼル車など排気ガスに対して設定を行った基準をオーバーして有害物質を出してしまう車両に関しては、都市によって運行規制が行われている場合や、車種によって規制が施されているものがあります。単体規制や車種規制などが有名で、各自治体によって規制内容が変わる部分があります。基本的には新車購入を行う際に規制が既に行われていることになり、該当車両以外では問題なく走行させることができます。一方で大型車に関連する運行規制を設けている場所も存在しています。この内容では他の規制とは少し異なる部分があり、一般的には道路標識によって予め設定されています。この規制では主に騒音や振動などの問題が発生するような場所や、人通りと道路の幅、若しくは道路上に存在している構造物の高さなどによっても制限されている場所があります。目的に関しては道路周辺の方に被害が及ばないことや、安全に道路を走行させることができるように配慮されていることになり、自動車自体には問題は生じておらず、周囲の環境によって決められている内容です。

最近の投稿