オーバーヒートとは、冷却システムの故障などでエンジンが必要以上にヒートアップしている状態のことを言います。オーバーヒートの原因は、冷却液の不足やエンジンオイルの不足によって生じることが多いです。

その他には冷却電動ファンの作動不良、エンジンのウォーターポンプの作動不良、サーモスタット及びサーモメーターの作動不良、ラジエーターの風通しが悪くなることでなる場合もあります。要は冷却システムが正常に作動しないことで起こります。

当然、その状態が続けば、エンジンのシリンダー内部が焼付けを起こすなどして、走行できない致命的な故障に繋がることとなります。なおその予防方法としては、三つの方法でチェックを行ないます。

まず一つ目には水温計のチェックを行なうことです。オーバーヒートになる直前では、水温計がいつもより高くなる症状が見られますので、それをチェックすることで事前に対策を行なうことが可能となります。

そして二つ目には冷却液の残量をチェックします。仮に残量が少なくなっていればどこからか漏れている可能性もありますので、それを探すこととなります。

三つ目としてはエンジンオイルの残量をチェックします。そのチェックの方法は、レベルゲージがどの自動車でも取り付いていますので、それをウエスで拭いた後に元の位置に差し込み戻します。

それを再度、抜き取りオイルの付着が目盛りの範囲内であれば適量となり正常で、目盛りの間になければエンジオイルを補充する必要があります。以上の上記のチェックをするだけでほとんどのオーバーヒートを予防することが可能となります。

 

 

最近の投稿