自慢の愛車をピカピカにしたいけどなんだか上手くいかないという方、割と多いのではないかと思います。「洗浄液が悪いのでは」と、いろいろ試される方もいますが、どんな洗浄液でも、いくつかのコツを押さえればきっと綺麗に洗車できます。大抵は、車体全体に水をかけ、シャンプーでゴシゴシしていくわけですが、まず、一つ目に、直射日光の下、特に夏の炎天下の中での洗車は避けましょう。熱でシャンプーがあっと言う間に蒸発してしまいますし、種類によっては、色ムラが出来てしまいます。出来れば、日陰で行うのが望ましいです。二つ目に、スポンジにシャンプーを付けて擦る際、小さな円をたくさん描く要領で、満遍なく車体全体を擦ります。また、この工程は、屋根上からスタートして、下に向かって行く方が、より綺麗になります。最後に、また水をかけて、シャンプーを落とし、拭き上げるのですが、綺麗に仕上げるにはここが一番重要です。ここでも、屋根上から下に向かうように、水滴を全て拭き取る気持ちで行います。ちなみに、セーム皮のクロスを使うのが望ましいです。セーム皮は水分や汚れよく吸収してくれるのでマメにゆすぎや絞りをしながら作業しましょう。また、サイドミラーの下等は水が垂れやすいので注意しましょう。

最近の投稿