新車が納車された時はCMで見るようなピカピカに光沢がある綺麗なボディですが、しばらく乗ると明らかにくすんだ感じなります。まめに洗車を行ってもワックスを塗ってもイメージよりも綺麗にならない事が多いのではないでしょうか。特にボディの下部は黒い細かい砂のような物質がこびりついて取れない場合があります。これは鉄粉と呼ばれているもので道路上や空気中に存在する鉄分の粉で、それらが車のボディに付着したものです。特に夏場などは塗装面が柔らかくなっていますので付着して夜間の気温が下がったに定着してしまう事が多いのです。鉄粉は鉄工所や電車の線路などから発生するとも言われていますが最も多いのは自動車のブレーキディスクの摩耗から出るものだと言われています。この鉄粉が付着すると錆びの大きな原因となってしまいます。車のボディは塗装によって錆びないようになっていますが鉄粉に水分が混ざると錆が発生して塗装上にくっついていまうのです。鉄粉取りには粘土クリーナーが良く使われます。しかし鉄粉の量が多く、定着してしまった場合には効果が弱かもしれません。この場合は鉄粉除去剤スプレーを使用して時間をおいてから洗車を通常通り行えば手軽に綺麗にする事ができます。赤ちゃん10

最近の投稿