テクスチャー10速度抑制装置(スピードリミッター)は、自動車やバイク等の最高速度を制限するために取り付けられている装置です。
日本では、普通自動車では時速180km、軽自動車では時速140km(車種によっては120km)に一般的に設定されています。実際、メーターも180kmまでの表示である場合がほとんどです。しかしながら、最近では規制緩和により、一部の車種ではメーターが時速300kmまで表示されている場合もあります。
なお、同様のスピードリミッターは輸入車にも取り付けられていますが、日本車よりも緩く、時速260kmが抑制装置の作動する時点となっている場合が多くあります。
このスピードリミッターを取り外して、最高速度の制限を無効にする行為事態は、スピードリミッターが自動車業界の自主規制によるものである以上、違法行為とはなりません。したがって、たとえばサーキットを走るためにリミッターを取り外し、そのままの状態で公道を走行したとしても、それ自体が法律違反となるわけではありません(もっとも、スピード違反した場合は当然法律違反ですが)。しかしながら、法律でスピードリミッターの装着を義務づけられている大型トラックなどの場合は、取り外すことは法律違反となります。

最近の投稿