地点標について

| 未分類 |

地点標というのは、主要な国道にはかならず備え付けられている、距離を示した標柱のことをいいます。1キロメートルごとに設置される「キロメートル標」、100メートルごとに設置される「100メートル標」という2つのタイプがあり、それぞれに道路の起点からの距離が数字として記載されているのが特徴であるといえます。あくまでも起点からの距離ですので、道路の上りと下りという区別は表示には関係がありません。
これは道路の維持や管理の上からの必要に応じて設置されているものですが、道路を走っているドライバーにとっても、こうした地点標があることによって、クルマの現在位置を特定しやすいといったメリットがあります。たとえば、道路上で交通事故が発生し、周囲にめだった建物がなくて場所が特定しにくい場合であっても、この地点標に書かれている数字を警察や消防に通報すれば、正確な交通事故の場所の特定に役立つというわけです。
これとは別に、道路には水準点とよばれるコンクリート柱のようなものが埋まっているのをみかけますが、こちらはその地点の高さを割り出すめやすとして設けられていて、測量に用いられるものですので、根本的な設置目的が異なります。

最近の投稿