自動車に関しては年代と共に新しい規制などが施行されることが多く、道路交通法でも随時時代に適合するように改正されることが度々あります。そんな中、車種規制という言葉があり、この内容の詳細は特定の都道府県で走行させる一部の車種について地域規制を設定していることがあります。自動車は排気ガスが問題視されることが多く、現在ではクリーンディーゼルなど新しい規格の自動車が販売されているように、排気ガスの規制は地球環境にとっても重要な内容を持っています。車種規制の場合では、トラックやバス、一般車両のディーゼル車などを対象としていることが前提になり、排出される窒素酸化物や微粒子などの数値によって設定されています。明確な表も発表されているのですが、その中には車両の重量やナンバープレートでの分類など、細かく指定されているので、規制対象に定められている地域を走行させるためには、規制をクリアしていることが条件になります。新車として販売されている比較的新しい車種の場合では、その多くが既に基準値をクリアしていることになり、問題は生じないことが前提ですが、古い年式の自動車の場合では適切な整備工場などを利用して、数値の測定を行う方法で判断することができます。赤ちゃん18

最近の投稿