窒素酸化物、いわゆるNOxは大気汚染物質として広く知られています。硫黄酸化物であるSoxと共に汚染物質の代表であり、自動車とは近縁な関係にあります。この内、窒素酸化物は燃料を高温で燃やすことによって燃料中や空気中の窒素が酸素と結び付いて発生します。自動車の他にも家庭や工場でも発生しますが、自動車が取り組むべき問題として以前から規制の対象になってきています。
特に都市部の様に自動車が多く密集している地域では窒素酸化物による影響で大気汚染が問題になったことが数多くあり、現在でも排ガス規制の強化によって排出量を減らす努力が続けられています。この様な窒素酸化物はのどや気管、肺などの呼吸器に悪影響を及ぼすことが分かっており、環境をよくして行くためには自動車の環境性能を高める必要があります。
日本におけるハイブリッドカーや電気自動車、燃料電池車はその様な点でもすぐれた乗り物であり、環境に優しい次世代の自動車の形として期待されています。ハイブリッドカーの場合は大気汚染物質の排出量を極限まで抑えることが出来ますし、電気自動車や燃料電池車の場合には全くの0にすることが可能です。これが最新の自動車の技術であるということが出来ます。

最近の投稿