窓ガラスに貼って使う着色フィルムには、眩しさを抑える効果があります。車内の温度上昇を抑えてエアコンの効きを良くすることもできる、便利なカーアイテムです。しかし、使い方を間違えると警察の取り締まり対象となったり、貼ったフィルムに不具合が生じたりと、トラブルの原因になることがあります。

警察の取り締まり対象としているのは、可視光透過率70%以下のフィルムです。これをフロントガラス、運転席・助手席のウィンドウガラスに貼ると整備不良違反となります。車外からドライバーの様子を確認しにくくなったり、悪天候時や夜間の視界が効きにくくなったりと安全上の不都合が多い事から規制されています。

フィルムは意外と繊細にできています。特に、貼り付け直後は強度が弱いものです。フィルムの接着が安定するまでウィンドウを動かさないようにしましょう。また、熱に弱い性質がありますので、冬期に熱線を稼働させるとトラブルの元になる恐れがあります。フィルム貼り付けは業者に依頼することもできますが、いずれの業者も可視光透過率70%を下回るフィルムの貼り付けは行ってません。また、業者によっては透明フィルムのみのを取り扱っている場合もあります。

フィルムは特殊なガラスに入れ替えるよりも廉価で、かつ効果的に使えるコストパフォーマンスの高いアイテムです。しかし、不適切な利用は違法であり、危険も伴うことなります。眩しさはサングラス等でも抑えることができます。また、暑さは透明の断熱フィルムの取り付けでも対処可能です。安全で快適なドライブ環境は様々な工夫を併用する事でも実現可能ですから、無理に可視光透過率の低いフィルムを使うことはありません。

最近の投稿