ウエストゲートとは、正確にはウェイストゲートバルブ(wastegate valve)ターボチャージャーエンジンブースト圧が上がり過ぎないように、排気ガスをバイパスするためのバルブ(ゲート)のことです。これによってエンジンやターボチャージャーを破損から守ることができます。
ターボチャージャーでは、排気ガスの排圧を利用してタービンを回し、コンプレッサーで吸気を圧縮するという構造になっています。つまり、排圧が増えると、吸気のブースト圧力も上がってしまうのですが、タービンには回転に上限があります。タービンは極端な回転数の上昇が起こると破損してしまうおそれがあるのです。そのために、増えすぎた排圧力は、逃がさなければなりません。そこで必要になるのが、このバルブです。
構造上ターボチャージャーに内蔵されているものと、外付け型とがあります。
またこれは、その性質上、排気量が大きくなるハイブースト仕様のチューニンング車に用いられるものです。多くはバイパスした排ガスをそのまま外へ垂れ流してしまうものですが、最近では環境のことも考えられた製品も出ています。触媒の前で合流させたり、別触媒を用いて浄化する仕組みのものです。

 

最近の投稿