自動車を走らせるためのエンジンにはエンジンオイルが不可欠です。
エンジンは大きくわけてシリンダーヘッド、シリンダー、クランクルームという部分があり、シリンダー内部をピストンが上下運動を行い、クランクシャフトに経典運動として伝えられています。
ピストンはシリンダーヘッドで空気と燃料を圧縮して爆発させて上下運動を行いますが、ピストンとシリンダーの間にエンジンオイルで皮膜をつくり圧縮した空気がもれないようにするためと摩擦を軽減するために必要なのです。
シリンダー内部で爆発を繰り返し、摩擦によってエンジンはとても高温になります。通常であればピストンはすぐに焼け付いてしまうのですが、エンジンオイルによって冷却させているのです。
しかしエンジンオイルは汚れや劣化してきます。エンジン内部は金属でできていることで摩擦による汚れが出てきます。また吸気した空気や燃料にも汚れがあるためにオイルにその汚れが付着して徐々に汚れてきます。またエンジンが高温になることがオイルも劣化してしまい、本来の機能が失われてオイルの量も減ってきてしまいます。
そのまま乗り続けると冷却機能も低下してオーバーヒートすることにもなるため定期的に交換を行う必要があります。

 

最近の投稿