自動車関連では、常に規制対象となる項目が決められることになり、時代に合わせた環境整備なども行われています。自動車と環境の関係の中には排気ガス関連を挙げることができ、これまで何度か規制基準が変更されてきた背景があります。排気ガスに関しては有毒物質を含んでいることでも知られており、地球の二酸化炭素問題や地球温暖化対策の対象として挙げられることがあります。その中には単体規制と呼ばれているものがあり、この内容では個々の自動車に対して、予め制定されている排気ガス基準に適合している自動車しか輸入や販売を行うことができない内容です。一般的には新車購入時を想定して、新しい状態の自動車に単体規制が課せられていることになり、古くなってしまい、そのまま乗り続けている自動車に対しては基本的には対象外になります。このことから緩やかな単体規制とも呼ばれることになり、古い車を乗り続けている方に対して、規制対象として即刻廃車にするようなことを求めていることではありません。自動車の場合ではその性質からして、一定期間が経過すると自然に古い車両は減っていくことになり、買い換えを行う必要が出てくる乗り物になることから、緩やかな規制であっても対応できることになります。

最近の投稿