自動車排出ガス規制とは、エンジンを始動することにより発生する一酸化炭素、窒素酸化物、炭化水素類、黒煙類などに含まれる大気汚染物質の上限量を定めた規制のことを指します。

日本の自動車排出ガス規制は、排気ガス濃度が許された値を上回った新規登録の車を排除する「単体規制」。
上記の条件を中古車や使用過程車にも適用される「車種規制」。
そして、ディーゼルエンジン搭載車両の規制や排ガス性能が劣る車両の流入阻止といった運用面での制限を加える「運行規制」。
この3つの規制により、車両による排出ガスを低減させる仕組みができています。
規制をクリアするためにはエンジンの燃焼効率などを改良する必要があり、これまでに電子制御燃料噴射装置や、エンジンコントロールユニットといった技術が開発されました。そのため現在の車両は社内で不正を行っていない限りにおいては規制をクリアしたエコロジーな車両が一般的に使われていることとなります。

これからの自動車排出ガス低減についても議論が交わされており、ディーゼルエンジン車に対するさらなる対処と、新たに二輪車における排出ガス低減装置の機能不良を監視する車載式故障診断システムの装備の義務付けなどが挙がっています。赤ちゃん14

最近の投稿